【20代は転職失敗しない?】転職失敗しない5つの理由を実例と対策から徹底解説

20代_転職_失敗

20代で転職に成功したコジローです。

職場環境に悩んで転職を考えても、必ず失敗が頭をよぎりますよね。

  • 転職に失敗したくない
  • 転職に失敗した体験談を知りたい
  • 転職に失敗しない方法を知りたい


転職は失敗したら今の仕事も失い、働き口も見つからない恐れがあります。

そんな中、僕は25歳でスキルなし、実績なし、人脈なしで転職に成功することができました。

この記事では、失敗した体験談や20代では転職失敗しない理由について書いていきます。

転職の失敗への対策を知ることで、失敗する不安をなくして今すぐ動き出すことができます。

20代が持つ若さは企業が常に欲しているので、しっかり準備すれば失敗することはありませんよ。

目次

転職活動に失敗した体験談

僕が転職活動した時に1度だけ失敗した理由をご紹介すると、完全に準備不足でした。

面接に準備しておくべきことが足りていなかったので、面接官の質問に良い答えができず不採用になってしまいました。

主に次の準備が不足していた実感があります。

  • 面接準備不足
  • 企業研修不足
  • 転職活動全体の把握不足

面接官にも準備していなかったことがきっと分かったはずです。

自分の会社に入社する人間が、準備不足だったら採用するはずがないですよね。

その後は反省を生かして、しっかり準備をした面接では成功して内定も獲得することができました。

転職失敗のよくある実例と原因

転職失敗は避けたいですが、どのような失敗があるでしょうか。

人によって転職の失敗は違いますが、大別すると4つになります。

  • 辞めたことを後悔する
  • ブラック企業に転職してしまう
  • 雰囲気や仕事内容、職場環境に馴染めなかった
  • 転職先が見つからない

辞めたことを後悔する

転職した後に「転職しない方が良かった」と思ってしまう失敗があります。

それは転職することで得られるものと、失うものを考えていないと起こる失敗です。

例えば、今の上司から離れられるけど給料は減るかもしれない、仕事内容が楽しくなるかもしれないけど通勤時間が増えるかもしれない、などです。

転職して何を手に入れて、何を失うかを考えたうえで転職に踏み切れば、転職した後に後悔することはなくなります。

ブラック企業に転職してしまう

悩みを解決するために転職した先が、ブラック企業だった、ということもあります。

ブラック企業で働いていた経験からすると、ブラック企業に入社してしまうのは企業研究不足が原因です。

企業研究は、簡単にネットで調べるだけでは足りません。

あらゆる視点から調べて、ネット上にある情報はすべて目を通すくらいの情報量が必要です。

できるなら、実際に会社に行って、立地や通勤手段、何時くらいまでオフィスの電気が付いているか、まで見るべきです。

企業研究にやりすぎることはないので、可能な限り調べ尽くせばブラック企業は避けることができます。

雰囲気や仕事内容、職場環境に馴染めなかった

転職先の雰囲気や仕事内容、職場環境に馴染めないこともあります。

仕事では、実際に働いてみないと分からないこともたくさんあります。

思ってたより体育系だったり、同僚の仲が悪くてギクシャクしていたり。

入社前に見極めることは難しいですが、事前に察知することができます。

面接の時の面接官の雰囲気や、オフィスですれ違った社員の様子、口コミサイトなどを細かく観察をします。

事前に分からないこともあきらめずに、可能な限り情報を集めるようにしましょう。

転職先が見つからない

会社を辞めて転職活動を初めたものの、転職先が見つからない場合もあります。

次の転職先が決まる前に辞めてしまった場合に起こる失敗です。

状況にもよりますが、可能であれば転職先を決めてから転職することをおすすめします。

転職先が決まる前に辞めてしまうと、想定より転職活動がうまくいかがず、仕事がない状態が長く続いてしまう可能性もあります。

あまり長引くと貯金も減るので、焦ってしまい、さらに失敗しやすくなります。

できれば転職先を見つけたうえで、今の会社を辞めることをおすすめします。

転職に失敗する理由は考え不足

転職に失敗する理由は総じて「考え不足」から起こります。

例えば次のような浅い考え、準備不足だと失敗する可能性が高くなります。

  • 辞めたい一心だけで転職してしまう
  • 情報収集不足の状態で転職してしまう
  • 就職活動と同じように考えてしまう

辞めたい一心だけで転職してしまう

転職する理由が「今の会社を辞めたい」だけしか考えていないと、失敗する可能性が高くなります。

転職する際には、自分が将来どうなりたいのかを見極める必要があります。

転職は今の会社を辞めることが目的ではなく、悩みを解決するために行いますよね。

会社を変えて今の悩みがなくなったとしても、別の悩みが出たら意味がありません。

今の会社を辞めて、どうなりたいのかをしっかり考え、将来を見据えて転職へ踏み切りましょう。

情報収集不足の状態で転職してしまう

情報収集不足を理由に失敗することも多いです。

転職先のことを知らずに入社してしまったら、失敗するのは目に見えています。

ネットで調べたら「企業名+ブラック企業」とすぐにでるような会社が、良い会社のわけありません。

あらかじめ調べたらすぐに分かることです。

転職先を決める時には、可能な限り会社の情報を収集しましょう。

就職活動と同じように考えてしまう

新卒の就活と同じように考えていると失敗します。

就活は良くも悪くも、ある程度マニュアル通りにすれば就職先を見つけることができます。

転職は、これまでの社会人生活で培ったものを見せて相手に必要な人材だと思わせる必要があります。

学生気分は捨てて、しっかり社会人として転職活動に臨む意識を持ちましょう

失敗しないための8つの対策

転職の失敗はパターンが決まっているので、対策をすることで失敗を事前に防ぐことができます。

次の8つの対策を行えば、転職成功は目の前です。

  1. 転職して何をしたいのか明確にする
  2. 条件に優先順位をつける
  3. 自己分析をする
  4. 企業研究をする
  5. 転職理由はポジティブにする
  6. スケジュールをしっかり立てておく
  7. いつ転職するべきか考えておく
  8. 第三者のアドバイスをもらう

転職して何をしたいのか明確にする

転職に失敗しないためには、転職してから何をしたいのかを明確にする必要があります。

ゴールを知らないのに走り出しても、目的地には到着できませんよね。

転職して自由な時間を増やしたいのか、給料を増やしたいのか、仕事内容に満足したいのかなど、自分が将来どうなりたいかも含めてキャアリアプランを明確にしましょう。

女性であれば、結婚や出産も含めて考えておく必要があります。

ただ転職するだけではなくて、転職した後にどうなりたいのかを具体的に決めておきましょう。

条件に優先順位をつける

転職によって得るものと失うものに優先順位を付けましょう。

優先順位がないと、すべてが重要に見えてしまってどれを選んで良いか分からなくなります。

すべての条件を満足に満たす会社なんてないですからね。

給料、休日日数、労働時間、福利厚生、立地、ネームバリューなど、どれを求めて、どれを諦めるかあらかじめ決めておきましょう。

優先順位が明確になれば、自然に求める会社も見えてくるはずです。

自己分析をする

自分がどういう人か理解するとともに、自分の市場価値を把握することも必要です。

自分を知らず、市場価値を知らなければ、どんな会社へ転職できるのか分かりませんからね。

例えばまだ社会経験が浅いのに、ベテランがしのぎを削る会社に入っても疲弊するだけです。

自己分析をせずに転職するのは不可能なので、自己分析は丁寧に行いましょう。

企業研究をする

企業研究をしなければ、入社するべきか判断ができません。

どんな会社か知らないのに、自分の将来を預けられませんよね。

労働環境、業界での位置、給料などを知らないのに働きたいと思いますか?

入った後に後悔しないためにも企業研究を行いましょう。

転職理由はポジティブな内容にする

面接で転職理由を言う時には、ネガティブよりポジティブな内容にしましょう。

面接官も、初めて会うのにネガティブなことを言う人と働きたいと思わないですよね。

会っていきなり「今の上司と合わなくて・・・」と言われたら、私も引いてしまいます。

ポジティブに「成長したい」「様々な人の役に立ちたい」「御社の製品を更に広げたい」など言ったほうが印象良いですよね。

本当の転職理由がネガティブなものでも、ポジティブに変換して言うようにしましょう。

スケジュールをしっかり立てておく

スケジュールをしっかり立てておくことでも、失敗を防ぐこともできます。

いつ、何をするのかを決めておかないと行動できすずにせっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。

せっかく良い会社が目の前に現れても、行動スケジュールが明確でないと応募のタイミングを逃してしまいますよね。

どんな時でもチャンスをつかめるように、スケジュールは明確にしておきましょう。

いつ転職するべきか考えておく

転職のタイミングは、早い方が良いです。

20代も前半と後半では、前半の方が転職はしやすくなります。

20代前半は第二新卒の扱いをされることが多く、新卒同様にポテンシャルで採用される場合が多いです。

同じようなスペックの25歳と29歳が同時に応募した場合、若い方を採用しますよね。

迷っている間に、どんどん実績やスキルを求められてくるので、自信がない人は早めに転職をすることをおすすめします。

第三者のアドバイスをもらう

転職に失敗したくないなら、第三者のアドバイスが必要です。

特に、転職には転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職の経験が豊富な人って周りに少ないので、アドバイスを求めるならプロにおまかせするのが良いです。

親や友達に相談しても、転職について知らなかったら的はずれなアドバイスをされてしまいます。

失敗を限りなく避けるなら、転職エージェントの利用は必須です。

20代の転職失敗しない5つの理由

転職の失敗を恐れる人は多いですが、20代は転職失敗はしません。

主に次の5つの理由があります。

  • 企業は20代の若い人を求めている
  • 20代であれば経験不問の求人もある
  • 20代くらい若いと新しいことを学べる
  • 若いので見た目をごまかせる
  • 20代で失敗しても繰り返せる

企業は20代の若い人を求めている

中途採用を募集している会社は、20代の若い人を求めていることが多いです。

企業は成長するために、社内の新陳代謝をしようとします。

年齢が高い人ばかりを採用しても、数年後に老人ばかりになってしまいますからね。

20代のように若い人を採用していれば、企業に長く働いてくれる可能性が高いので、需要も多いんですよね。

20代であれば経験不問の求人もある

20代は実績やスキルがほぼ求められず、経験不問のケースも多いです。

30代になると実績やスキルを求められますが、20代はまだ新人扱いされるので、あまり求められません。

その分、給料も低めなので、企業からしてもハードル低く採用できます。

実績やスキルを求められないので、これまでの経験で不採用となりづらいですよね。

20代くらい若いと新しいことを学べる

20代くらいの若い人は、未経験の業界や職種でも採用されやすいです。

若い人はまだ新しいことを学ぶことができる思われるからですね。

歳を取ると新しいことを覚えられないと思われるので、若い人の方が圧倒的に有利です。

転職に悩んでいる間に、どんどん転職に不利になる年齢になってしまってしまう人もいるので気をつけてください。

若いので見た目をごまかせる

若い人は見た目をごまかしやすいです。

面接は見た目が9割なので、見た目を整えることが重要です。

あまり年齢を重ねると、見た目のごまかしが効かなくなります。

髪型やスタイル、肌の調子、服装などで整えられる若いうちに転職することで失敗を防げます。

20代で失敗しても繰り返せる

20代のうちで転職をすれば、たとえ失敗してもまだやり直しが効きます。

そんなの無理だ、と思われるかもしれませんが、若いだけで需要が多いのでなんとでもなるんですよね。

20代で3社経験した人なんてもザラにいます。

年齢を重ねるごとに、転職はしづらくなるので、やるなら早めに挑戦する方がリスクが低いわけです。

失敗したくないなら転職のプロに無料で相談すれば極力失敗を減らせる

転職エージェントを利用することで、極力失敗を減らすことができます。

転職エージェントも事業として、あなたを転職させなければいけません。

それも、1度入社すれば良いわけではなく、ある程度の期間は働かないと転職エージェントは報酬を得られません。

なので転職エージェントは、求人者に良い会社を紹介して、長く働いてもう必要があります。

あなたは転職エージェントの協力のもと、良い会社に入社するだけで、あなたも転職先の企業も転職エージェントもみんながwin-winの関係になれます。

転職エージェントを使って損することはないので、1度登録だけでも済ましておくことをおすすめします。

まとめ

転職をしようと思っても、必ず失敗が頭をよぎりますよ。

  • 転職に失敗したくない
  • 転職に失敗した体験談を知りたい
  • 転職に失敗しない方法を知りたい

でも、25歳でスキル・実績・人脈がない状態で転職成功できた経験から、20代であれば転職に失敗しないとお伝えしました。

転職活動の中で失敗した経験も踏まえたうえで、確信しています。

僕が失敗した理由は次の3つでした。

  • 面接準備不足
  • 企業研修不足
  • 転職活動全体の把握不足

転職の失敗は、他にも次のようなことが言われます。

  • 辞めたことを後悔する
  • ブラック企業に転職してしまう
  • 雰囲気や仕事内容、職場環境に馴染めなかった
  • 転職先が見つからない

失敗してしまう理由としては次のようになります。

主に準備不足が原因となります。

  • 辞めたい一心だけで転職してしまう
  • 情報収集不足の状態で転職してしまう
  • 就職活動と同じように考えてしまう

転職に失敗しないためには、次の8つの対策を行うことで限りなく成功に近づくことができます。

  1. 転職して何をしたいのか明確にする
  2. 条件に優先順位をつける
  3. 自己分析をする
  4. 企業研究をする
  5. 転職理由はポジティブにする
  6. スケジュールをしっかり立てておく
  7. いつ転職するべきか考えておく
  8. 第三者のアドバイスをもらう

特に20代であれば、次の理由もあり転職に失敗することはほとんどありません。

  • 企業は20代の若い人を求めている
  • 20代であれば経験不問の求人もある
  • 20代くらい若いと新しいことを学べる
  • 若いので見た目をごまかせる
  • 20代で失敗しても繰り返せる

さらに転職に失敗の可能性を小さくするのには、転職エージェントの利用が必須です。

転職に対する準備のサポートや、足りない知識を補ってくれるので利用して損はありません。

失敗しない転職を始めましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる