【上司と合わない】上司との人間関係が限界なら今すぐ転職するべき理由

コジロー

この記事のまとめ
上司と合わなくて職場の人間関係に限界を感じることもありますよね。
あなたがそんな状況なら、いますぐ転職することをおすすめします。
人間関係の問題を抱えたまま働き続けても、良いことは1つもありません。

次のような人におすすめの記事です。

こんな人におすすめ
  • 上司と合わなくてつらい
  • 上司の仕事感に賛同できない
  • 職場の人間関係に耐えることがもう限界

あなたも上司など職場の人間関係に悩んで、耐えることに限界を感じたり、モチベーションが下がり続けていませんか?

佐藤くん

上司と合わないのか、仕事もうまくいかないでつらいんだ。

コジロー

僕も上司と合わないで毎日職場に行くのも辛かったけど、転職してからは楽しみながら仕事ができているよ。

上司と合わなくて悩んでいる人は、転職の選択肢を知っていただくことで、人間関係の問題への考え方や人生の選択肢を増やすことができます。

目次

人間関係を改善する具体的な方法は3つしかない

人間関係を解決する方法

職場に限らず、人間関係を改善するためにできることは3つしかありません。

自分が変わるか、相手を変えるか、環境を変えるかです。

自分が変わる

人間関係に悩む原因が自分にあるなら、すぐに変わるべきです。

変われば解決できますからね。

ただし原因が自分にない場合、自分が変わっても解決することはできません。

問題を解決するには、原因を元から修正する必要がありますからね。

相手を変える

人間関係の原因が相手にある場合、相手を変えれば解決できます。

でも、相手が上司だった場合、上司の考えや性格を変えることができるでしょうか。

できませんよね。

上司だけでなく、自分以外の人を変えることは基本的にできません。

環境を変える

自分を変えるのでなく、相手を変えるのもできなければ、あとは環境を変えるしかありません。

問題は根本から解決するべきです。

職場の人間関係が悪くて悩んでいるなら、職場環境を変えるべきです。

職場環境を変える方法は、大きく2つあります。

職場の人間関係の対処方法についてはこちらの記事がおすすめです。

【つらい】職場の人間関係ストレスは解決できる?具体的な対処方法まとめ

職場環境を変えるための2つの選択肢

転職か部署異動

職場環境をリセットするには、部署異動と転職の2つの方法があります。

どちらもメリット・デメリットがあります。

部署異動

部署異動をすれば、目の前の人間関係をリセットできます。

最大のメリットは、上司との関係が悪ければ、部署異動をすることで上司から離れることができます。

デメリットとしては、上司との距離ができたとしても同じ会社にいる限りお互いに存在は意識します。

長い会社員生活の中では、どうしても接する場面が出てくる可能性があります。

転職

職場の人間関係を100%リセットするには、転職しかありません。

デメリットは転職活動が必要であることや、必ず満足できた結果が得られるわけではないことです。

転職したことで、更に人間関係が悪い職場に転職してしまう恐れもありますし、今の待遇より悪い労働条件となる可能性もあります。

ただし転職には、デメリットを補ってもお釣りがくるほどのメリットがたくさんあります。

人間関係を理由にした転職については、こちらの記事がおすすめです。

【上司よサラバ】人間関係が理由でも転職できる?心配しなくても転職できる3つの理由

転職で得られる7つのメリット

転職に悩んだ末に、実際に転職をした経験から転職メリットを7つご紹介します。

転職には上司との人間関係を解消する以外にも多くのメリットがあります。

1.嫌な上司と2度と合わなくて良い

転職をすると抱えていた人間関係を根本から解決することができます。

職場を変えるので、嫌な上司や面倒な同僚からも100%離れることができますよね。

離れてしまえば、もう2度と悩まなくて済むので今の課題を完璧に解決することができます。

2.新しい環境が手に入る

転職をすると新しい環境を手に入れることができます。

新しい仕事、新しい人間関係、新しい生活と様々な新しい環境に身を置くことになります。

人生が好転するきっかけにもなりますよね。

3.スキルや経験が積める

仕事をする上では、一生もののスキルや経験を積むことができます。

どんな仕事でも、業務を行う中で他の人が得られないようなスキルが身についたり、経験を積むこともできます

転職で得られるスキルや経験はなくなることがないので、今後、2回3回と転職していく中での自分の強みになります。

4.待遇UPが見込める

転職をすると、今の職場より待遇が良くなる可能性があります。

給料だけではなく、福利厚生や休日日数、労働時間、会社の立地なども改善する可能性があります。

なぜなら待遇は自分で選ぶことができるからです。

自分にマッチした待遇の会社を見つけましょう。

5.新卒の就活より転職の方が簡単

転職は難しいようで、実は新卒の就活より簡単です。

全国の新卒が一斉に就活を始めるわけでもなく、転職者は全員属性も異なり、面接回数も2回(最終面接は顔合わせ程度)のことが多いです。

すでに社会人経験がある人であれば、転職は難しくありません。

6.知識があるうえで会社を選べる

新卒でブラック企業を選んでしまう人は多いですが、それは知識がない状態で就活をするからです。

すでに社会で働いたことがあれば、持っている知識を使って会社を選ぶことができます。

知識を使えば、会社選びを大きく間違えることがありません。

7.仕事内容を選べる

転職をすると、仕事内容を変えることもできます。

もし今就いている仕事内容が自分に合わないのであれば、転職を機に仕事内容を変えることもできます。

特に20代など、第二新卒であれば未経験でも採用される可能性は高いです。

転職のメリットやデメリットについての詳細はこちらの記事がおすすめです。

【やって良かった】人間関係を理由とした転職の9つのメリットとデメリット

転職のデメリットと対策方法

転職はメリットだけではなく、デメリットもあります。

デメリットは恐れるものではなく、デメリットを知り対策を立てることで上手に付き合うことが大切です。

転職のデメリット

転職のデメリットとしてまず頭に浮かぶのが、転職には失敗する可能性があることです。

例えば給料が減ったり、待遇が悪くなる、ブラック企業・ブラック上司にあたることもあります。

また転職先が見つからない可能性も捨てられません。

中には転職活動が長引き、それでも転職先が見つからない可能性もあります。

デメリットへの対策

転職に失敗する可能性はありますが、転職は何度も繰り返すことができます。

毎回強くてニューゲームができるわけです。

なので、失敗したとしてもまた転職をして満足いくまで会社を選ぶことができるわけです。

転職活動が長引く可能性はありますが、活動内容を改善していけば必ず転職先は見つけることができます。

転職経験がある人は実は多い

どうしても転職が怖いと思う人もいます。

でも社会人の54.5%が転職経験があるというデータがあります。

職場に40人いれば、20人以上が転職したことがあるんです。

終身雇用が崩壊している昨今では、さらに転職経験者は増えています。

特に20代であれば、転職のデメリットを理解し、しっかり対策することで転職に失敗する可能性は限りなく低くなります。

20代での転職についてはこちらの記事がおすすめです。

【20代は転職失敗しない?】転職失敗しない5つの理由を実例と対策から徹底解説

転職活動に使うべきサービス3種類

職場の人間関係を変える3つの方法

どのように転職活動を始めるのかというと、転職サービスを使って転職活動を行う人がほとんどです。

転職サービスには、主に次の3つのサービスがあります。

転職サイト、転職エージェント、退職代行サービスです。

転職サイト

まずは転職サイトです。

転職サイトは、求人情報などがまとめられていて広く転職先を見つけたい人におすすめです。

どんな会社が求人を出しているかまずは知りたい人は、1度見てみましょう。

転職エージェント

実際に転職活動を始める人は、転職エージェントを利用します。

具体的に転職活動を始める人は、転職エージェントとの面談から始める方が多いです。

すぐに転職活動をはじめて、一刻も早く今の職場から離れたい人は転職エージェントへ登録をしましょう。

退職代行サービス

転職先を見つけるより先に、すぐにでも今の職場を辞めたい人はまずは退職をしなければいけません。

しかしなかなか退職を言い出せなかったり、会社から退職を強く引き止められるケースもあります。

そんな時は、退職代行サービスの利用をおすすめします。

退職代行サービスは、自分の代わりに退職に必要な手続きを行ってくれるので、自分で上司に言い出したり、会社との面倒なやり取りをしないで済みます。

ここ2〜3年で名前が出てきたサービスですが、すでに利用者も増加しています。

私の周りでも数名、利用して退職した方がいて満足度も高いと聞いています。

転職活動を辛いと感じる前に転職サービスの利用をおすすめしています。
【思い込み】転職活動は辛いもの?対策になる5つの考え方や転職サービスの体験談

まとめ

職場の上司や同僚との人間関係に悩む方には、転職をおすすめします。

人間関係を解決するには、3つの方法があります。

  • 自分が変わる
  • 相手が変わる
  • 環境を変える

人間関係が悪い原因が、上司や同僚にある場合は環境を変えるしかありません。

他人を変えることはできませんからね。

職場環境を変えるには、2つの方法があります。

  • 部署異動
  • 転職

部署異動でも環境を変えることはできますが、完全に変えるのであれば転職をおすすめします。

もちろん転職にはリスクもありますが、補って余りあるメリットがあります。

  • 1.嫌な上司と2度と合わない
  • 2.新しい環境が手に入る
  • 3.スキルや経験を積める
  • 4.待遇UPが見込める
  • 5.新卒の就活より簡単
  • 6.知識がある状態で会社を選べる
  • 7.仕事内容を選べる

これだけ多くのメリットが多いので、社会人の50%以上が転職経験あるんですよね。

年齢を重ねるごとに、転職未経験者は少数派になっていきます。

転職経験者が転職活動をするときには、転職サービスを利用することが一般的です。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 退職代行サービス

まずは求人情報を見てみたい方は、転職サイトに登録しましょう。

すぐにでも転職活動を開始する人は、転職エージェントを利用しましょう。

転職先を探すより、今すぐ会社を辞めたい人は自分で退職をするか、退職エージェントを利用してください。

人生は有限なので、いつまでも人間関係に悩まずにすぐに行動を始めてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる