【あなたはどっち?】部署異動を希望するべき人とするべきではない人の5つの特徴

コジロー

この記事のまとめ
部署異動を希望するべき人とするべきではない人の特徴をまとめています。
人間関係の悩みを解決するために部署異動は有効ですが、部署異動が適している人適していない人がいます。
自分がどちらに該当するのか確認してみてください。

次のような人におすすめの記事です。

こんな人におすすめ
  • 自分は部署異動するべきだろうか知りたい人
  • 部署異動が正しい選択か不安な人
  • 転職した方が将来のためになるんじゃないだろうかと思っている人

会社の人間関係に悩んで部署異動しようと思っても、自分が部署異動するべきかどうかって判断するの難しいですよね。

佐藤くん

部署異動したいけど、結局すぐ転職した先輩がいたしな・・・

コジロー

部署異動をするべきじゃない人が部署異動しても、悩みが解決できないことがあるよね。

この記事では、部署異動をするべき人とするべきではない人についてまとめました。

あなたがどちらに当てはまるか判断してみてくださいね。

僕は部署異動するべきではない人に当てはまって、転職を選んで成功しました。

目次

部署異動するべき人の5つの特徴

部署異動をするべき人

まずは部署異動するべき人の特徴を5つご紹介します。

特徴に当てはまる人は、部署異動するべき人です。

部署異動するべき人の特徴
  • 早く環境を変えたい人
  • 安全に環境を変えたい人
  • 上司以外には満足している人
  • 上司とこれからも顔を合わせても良い人
  • 同期や同僚とは離れたくない人

早く環境を変えたい人

1秒でも早く環境を変えて問題を解決したい人は部署異動をするべき人です。

部署異動は転職に比べると、社内の配置転換だけなので早めに環境を変えやすくなります。

転職は転職活動開始から入社までを考えると、2ヶ月くらいはかかります。

部署異動なら会社によっては、1ヶ月くらいでできるところもあります。

一刻でも早く環境を変えたい人は、部署異動するべきです。

安全に環境を変えたい人

リスク少なく安全に環境を変えたい人は、部署異動するべき人です。

環境を変えるには、部署異動か転職しかありません。

この2つで比較的リスクが低く実施できるのは、部署異動です。

部署異動では転職のように、次の仕事が見つからないリスクや、給料が途切れるリスクはありません。

リスクを極力抑えて環境を変えたい人は、部署異動を選ぶべきです。

上司以外には満足している人

上司など悩みの原因以外には満足している人は、部署異動するべきです。

部署異動では、今の部署を変えるだけで会社自体は変わりません。

会社の給料や社風、福利厚生などに満足していれば転職する必要はないですよね。

部署異動さえすれば悩みがすべて解決できるなら、部署異動するだけで問題ありません。

上司とこれからも顔を合わせても良い人

悩みの原因が上司との人間関係だったとしても、これからも上司と顔を合わせることに問題がなければ部署異動を選ぶべき人です。

部署異動では、部署こそは変わるものの、同じ会社にいる限り上司と会う可能性は高いですよね。

廊下ですれ違ったり、通勤電車で会ったり、同じフロアにいるかもしれません。

部署異動さえすれば、悩みが解決できるのであれば部署異動が適している人です。

同期や同僚とは離れたくない人

上司からは離れたくても、同期や同僚とは離れたくない人は部署異動をするべきです。

転職を選んだら、上司からは離れられますが同期や同僚とも離れることになります。

仲良い同期や同僚、お世話になった人と離れるのが嫌な場合もありますよね。

部署異動であれば、同期や同僚と大きく離れることがないのでこれまで同様に付き合うことができます。

部署異動するべきではない人の5つの特徴

転職を躊躇するのは間違い

次に、部署異動するべきではない人の特徴を5つご紹介します。

特徴に当てはまる人は、部署異動ではなく転職など別の手段を検討しましょう。

部署異動するべきではない人の特徴
  • 会社自体に不満がある人
  • 転職しても良いと考えている人
  • 上司と2度と顔を合わせたくない人
  • 今の仕事を変えたくない人
  • 出世したい人

会社自体に不満がある人

今の環境以外に会社自体に不満がある人は、部署異動ではなく転職するべき人です。

部署異動して部署は変わったとしても、会社への不満は消えません。

サービス残業に疲弊しているなら、部署異動してもサービス残業は解決できない可能性が高いです。

今の環境に加えて、会社にも不満があるのであれば部署異動ではなく転職するべき人です。

転職しても良いと考えている人

転職しても良いと考えられる人は、部署異動ではなく転職するべき人です。

転職はもちろんデメリットもありますが、補って余りあるメリットがたくさんあります。

最近の会社は、1社しか経験がない人より、複数社経験がある人を重視する動きもあります。

転職も視野に検討しているひとは、部署異動より転職することでより良い結果になります。

上司と2度と顔を合わせたくない人

上司と2度と顔を合わせたくない人は、部署異動を選んではいけません。

部署異動をしても、同じ会社内にいればまた顔を合わせることが必ずあります。

今の悩みの原因が上司であれば、2度と会いたくないですよね。

気まずい思いをしたくない人は、部署異動は避けましょう。

今の仕事を変えたくない人

今の仕事を変えたくない人は、部署異動するべきではありません。

部署異動すると、仕事内容も変わる可能性が高いです。

大きい会社であれば同じような部署があるかもしれませんが、中小企業であれば同じような部署は1つずつしかないことが多いです。

部署が変われば仕事も変わってしまうので、仕事を変えたくない人は部署異動を選ぶべきではありません。

出世したい人

出世したい人は,部署異動を選ぶべきではありません。

部署異動で今の悩みは解決できても、会社からははれもの扱いされることもあります。

自分から部署異動を希望するひとはイレギュラーですからね。

そうした人は、会社も扱いづらいと感じて出世もしづらくなります。

出世したい人は、部署異動ではなく転職してキャリアアップを目指すことをおすすめします。

部署異動するべき人が転職を選ぶとどうなるか

転職活動の失敗体験談

部署異動をするべき人が、転職を選んでしまうと次のような事態が起こり得ます。

避けるためにも、自分に部署異動が合うのか見つめ直しましょう。

  • 転職先がなかなか決まらず悩みが長期化する
  • 転職先の選び方を失敗してしまう
  • 孤独を感じてしまう

転職先がなかなか決まらず悩みが長期化する

部署異動が適している人が焦って転職を選んでしまうと、転職先がなかなか決まらず悩みが長期化してしまう恐れがあります。

転職は部署異動に比べて時間が必要な場合が多いです。

悩みを抱えている状態で働き続けて、さらに転職活動をするとしたら疲弊してしまいますよね。

どちらも解決できず、負のスパイラルに入り込んでしまう恐れがあります。

転職先の選び方を失敗してしまう

環境を早く変えようと思って、転職先を急いで選ぶことで失敗してしまう恐れがあります。

転職先を選ぶには、企業分析も重要です。

企業分析をおろそかにして、ブラック企業などに入社してしまう危険性があります。

今の悩みは解決できても、別の悩みを抱えてしまう恐れがありますよね。

孤独を感じてしまう

転職をしたことによって、孤独を感じてしまうひともいます。

今の会社が、上司以外は仲がよく、仲間意識が強い環境であれば、離れることで自分だけ孤独感を感じる場合もあります。

これまではご飯や飲み会に一緒に行っていても、転職したらなかなかできなくなります。

自分だけ離れることで寂しくなってしまう人もいます。

転職するべき人が部署異動するとどうなるか

転職に失敗する理由

転職するべき人が部署異動を選んでしまうと次のようなことが起こります。

  • 部署異動しても不満が募り、結局転職を選ぶ
  • 上司と顔を合わせることが多く、ストレスが溜まり続ける
  • 仕事が変わってしまってスキルが活かせずやりがいも失う

部署異動しても不満が募り、結局転職を選ぶ

転職するべき人が部署異動をしても、会社への不満があれば解決はできません。

会社への不満が募っていけば、結局は転職を選ぶことになります。

会社の環境ごと変えるには、転職するしかないですからね。

部署異動では解決できない悩みもあるなら、転職をおすすめします。

上司と顔を合わせることが多く、ストレスが溜まり続ける

部署異動をしても、元上司とよく会うことでストレスが溜まり続けることがあります。

同じ会社にいる限り、いつどこで会うか分かりません

場合によっては、また同じ部署で働くことも起こり得ます。

部署は変わっても顔を合わせる機会が多く、ストレスが溜まってしまう恐れがあります。

仕事が変わってしまってスキルが活かせずやりがいも失う

部署異動では仕事が変わり、スキルが活かせずやりがいを失くすこともあります。

異動によって、これまでと全く異なる部署へ異動せざるを得ないこともありますからね。

営業マンが経理部に異動になっても、活躍するのは難しいですよね。

転職すればまた同じ仕事で活躍できる人が、部署異動で別の仕事に就いて活躍できない可能性があります。

まとめ

部署異動を決意しても、自分に部署異動が適しているのか判断つきませんよね。

部署異動を迷っている人の参考に、部署異動するべき人とするべきではない人についてまとめました。

こんな人におすすめ
  • 自分は部署異動するべきだろうか知りたい人
  • 部署異動が正しい選択か不安な人
  • 転職した方が将来のためになるんじゃないだろうかと思っている人

部署異動するべき人の特徴は次のようになります。

部署異動するべき人の特徴
  • 早く環境を変えたい人
  • 安全に環境を変えたい人
  • 上司以外には満足している人
  • 上司とこれからも顔を合わせても良い人
  • 同期や同僚とは離れたくない人

部署異動するべきではない人の特徴は次の通りです。

部署異動するべきではない人の特徴
  • 会社自体に不満がある人
  • 転職しても良いと考えている人
  • 上司と2度と顔を合わせたくない人
  • 今の仕事を変えたくない人
  • 出世したい人

もし、部署異動するべき人が転職をすると次のようになってしまう恐れがあります。

  • 転職先がなかなか決まらず悩みが長期化する
  • 転職先の選び方を失敗してしまう
  • 孤独を感じてしまう

反対に、転職するべき人は部署異動をしてしまうと次のようなことが起こり得ます。

  • 転職先がなかなか決まらず悩みが長期化する
  • 転職先の選び方を失敗してしまう
  • 孤独を感じてしまう

あなたが抱えている人間関係の問題などに、どちらの方法が適しているのかしっかり確認したうえで行動を決めましょう。

ぜひ、後悔しない行動を選択してください。

部署異動についてはこちらの記事もおすすめです。

【上司が原因】部署異動を希望するタイミングは人間関係に悩んだ時である理由

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる