【今からできる】職場の上司との人間関係を解決&予防?超具体的な3つの対処方法

コジロー

この記事のまとめ
上司との人間関係を解決するための具体的な3つの方法をお伝えします。自分を変える・上司を変える・職場環境を変えるの3つです。
職場の人間関係がうまくいかな理由や、予防策について網羅的に解説していきます。

次のような人におすすめの記事です。

こんな人におすすめ
  • 上司に会いたくなくて通勤途中で足が止まる
  • どうすれば上司と良い人間関係を作れるか分からない
  • 今の上司の下で働き続けて大丈夫なのか将来が不安

あなたも職場の上司との人間関係に悩んでいませんか?

佐藤くん

なぜか上司と合わなくて、毎日怒られてばかりだよ・・

コジロー

僕も上司との人間関係に悩みながら3年ほど働き続けた時期があったよ。
今では、ストレスなく気分良く会社に行くことができているよ。

この記事では、職場でのストレスや、上司との人間関係の問題・具体的な対処法についてご紹介しています。

職場の上司との人間関係の解決方法は、3つあります。

自分を変える、上司を変える、職場環境を変えるです。

今の職場の人間関係に限界を感じるなら、確実に問題を解決する方法として職場環境を変えることをおすすめします。

目次

上司や職場の人間関係がうまくいかない時の3つの対処法

職場の上司との人間関係がうまくいかない時の対処法は次の3つがあります。

  • 自分を変える
  • 上司を変える
  • 職場環境を変える

上司との人間関係を改善するにはまず自分を変える

職場の上司との人間関係を改善するには、まずは自分が変わることを意識しましょう。

人間関係は相互に責任があるので、あなた自身にも原因の一旦があります。

例えば、あなたの常識と世の中の常識がズレていたり、あなたのやる気が周りに比べて足りなかったり。

あなたに人間関係の悪化の原因があるなら、自分を変える必要があります。

人間関係の問題の原因が自分になければ上司を変える

あなたに全く原因がない場合、上司の考えや思いを変える必要があります

上司を変える方法としては、上司を褒め続けて関係を作る方法があります。

ただし、基本的には他人を変えることは難しいです。

あなたも周りから何か言われても、考えなどは簡単に変わりませんよね。

自分の思うように上司を変えることは、非常に難しいことを認識しましょう。

最も確実な方法は職場環境を変えること

上司との人間関係の問題をすぐにでも解決したいなら、職場環境を変えてください。

人間関係は、所属するコミュニティの人に依存します。

コミュニティが変われば、人間関係もリセットしてやり直すことができますよね。

なので職場環境を変えてしまえば、今の人間関係の問題からは開放されますよね。

確実に人間関係を解決したいのなら、職場環境を変えてみましょう。

3つの対処法について詳しくは次の記事も御覧ください。

職場の上司との人間関係でストレスを感じてるならこの4つ

すでに人間関係でストレスを感じているなら、上手な対処法を抑えておきましょう。

ストレスは放置すると、どんどん取り返しがつかなくなります。

早めに対処しておきましょう。

誰かに話して職場でのストレスを発散する

抱えている問題を誰かに話すだけでも、意外とストレスを発散することができます。

ストレスは正体が分からないと余計に複雑化してしまいますが、原因や問題を言葉にすることで整理することができるからです。

自分の感情や考えをはっきりすることができるので、ストレスの棚卸しをしてストレスの原因がなにか、自分は何を不快と感じているか理解することができるんですね。

まずは身近な人に話すことから始めましょう。

休養して仕事とプライベートを切り替える

職場のストレスに対しては、しっかり休養をとって仕事とプライベートを切り替えましょう。

切り替えて体と心を休ませないと、常に仕事のことが頭をよぎってストレスは溜まり続けてしまいます。

仕事に追われている日々が続くと朝起きた瞬間から仕事や上司のことを考えてしまうことも、ありますよね。

どうしても仕事が気になる気持ちも分かりますが、意識的に仕事とプライベートの切り替えて休みの日はしっかり休養を取るようにしましょう。

好きなことに打ち込んで職場の人間関係を忘れる時間を作る

好きなことや趣味に打ち込むこともストレス解消につながります。

何かに没頭している時間って仕事や他のことも忘れられますよね。

趣味に集中するあまり、あっという間に時間が過ぎていることを経験したことがある人も多いでしょう。

好きなことや趣味がある人は、ストレスが溜まっている時こそ没頭してみてください。

働く環境を変えて人間関係をやり直す

ストレスへの対処法として、働く環境を変えて人間関係をリセットしてしまう方法もあります。

ストレスの原因が「人間関係」だとはっきりしているなら、解消するには原因に直接対処するのが確実です。

上司との人間関係に悩むなら、色々と対処法を試すよりも、部署異動や転職をしてしまえば解決できますよね。

ストレスを解消するためには、原因に直接効果がある方法を選びましょう。

職場の人間関係によるストレスへの対処法については、次の記事もご覧ください。

【具体例あり】職場の人間関係のストレス対処法を3つ解説!5段階のストレス内容とは

職場の上司とストレスの少ない人間関係を築くための前提条件

できれば職場の上司とはストレスの少ない人間関係を築きたいものです。

人間関係は完璧にコントロールすることは難しいですが、ストレスを抑えた人間関係を作っていくことはできます。

信頼関係を築く

上司とストレスの少ない人間関係を構築するには、信頼関係を築くことが重要です。

人間関係に悩む人は、上司や同僚と信頼関係が築けていないことが原因であることが大半です。

ストレスを感じること少なく仕事をするためにも、信頼関係を構築できる行動をとりましょう。

具体的な、信頼関係を構築するためにするべき行動は次のようになります。

  • 挨拶や返事に工夫を加える
  • 積極的に傾聴する
  • 御礼とお詫びはプラス3割する
  • 職場の人との趣味や好み、共通点を見つける
  • 誤解を生まないように断る時は念入りにする
  • 褒めるべき時はしっかりほめる
  • 報連相を徹底して行う
  • 周りの上司や同僚をよく観察する
  • 誰にでも積極的に話しかける


お互いに信頼関係を築く行動を行えれば、ストレスの少ない人間関係を構築することができます。

笑顔を大切にする

笑顔を大切にすることも、職場での人間関係に重要です。

笑顔でいる人に対して、上司も悪い関係を作ろうとは思いづらいですよね。

「笑顔の人」と「仏頂面の人」では、どちらとより良い人間関係を築こうと思うかは明白です。

他にも、ちょっとしたことで良い人間関係を構築しやすくなります。

  • 良いリアクションをとる
  • ふとした一言をマメに伝える

できることから初めて、ストレスの少ない人間関係を目指しましょう。

自己肯定感を高める

自己肯定感を高めることも、上司とのストレスの少ない人間関係につながります。

自己肯定感が少ないと、自信がなくなり、はっきりと物を言うことができません。

仕事において、決断できないことはマイナスでしかありません。

自己肯定感を高めて、楽しく仕事をしようと心がけることで解決に向かいましょう。

上司の行動に注目する

人間関係を良くしようとして上司の顔色を伺ってしまう人も多いですが、伺うべきは行動です。

上司が何をしようとしていて、どんなことを求めているかを見極めて対応してあげましょう。

具体的な行動例は次の通りです。

  • 上司の考えを理解・共感する
  • 親しい仲でも礼儀を忘れない
  • まずは聞き役に回る
  • 上司に期待しすぎない
  • 上司に関心を持つ

上司に注目して、理解することでストレスの少ない人間関係を築くことにつながります。

抱える問題の原因を考える

職場の上司との人間関係に問題があるのであれば、問題の大元である原因を考えましょう。

原因を見極めることで、最短で問題解決をすることに繋がります。

問題は予防することも重要です。

仕事の見直しや確認は絶対に怠らないようにしましょう。

もし、どうしても問題が起きた時には、感情的にならずに仕事だと割り切って冷静に対応することも、ストレスの少ない人間関係を構築することに繋がります。

プライベートを充実させる

一見関係ないように見えますが、可能な限りプライベートは充実させましょう。

プライベートに問題があると、少なからず仕事にも影響が出ます。

家庭内で喧嘩が絶えないのに、職場では明るく振る舞うのは難しいですよね。

他にも、生活習慣が乱れていて不調が続くこともあります。

職場での人間関係を良くしたいなら、まずはプライベートを充実させましょう。

職場の上司との人間関係の改善について、次の記事もおすすめです。

【注意】職場の上司との人間関係にNG行動?社会人10年目が伝える改善点

悩みを解消して職場で上司と円満な人間関係に必要なこと

ストレスの少ない上司との人間関係を築けたら、より良い人間関係を構築することを心がけましょう。

円満な人間関係ができれば、ストレスなく仕事に打ち込むことができるようになります。

良い人間関係を作るには、自分でできることと、相手や周りの人とできることがあります。

自分だけでできる上司と円満な人間関係を作る方法

円満な人間関係を作るために、自分だけでできるとは次の4つがあります。

  • モチベーションを上げる
  • 自己重要感を常に意識して持つ
  • 縦と横のつながりを意識する
  • 自分を守る安全地帯を確保する

自分の意識ひとつでも、人間関係の良し悪しは変わってきます。

相手にばかり期待をするのではなく、自分でできることを行ったうえで円満な人間関係を目指す必要があります。

できることから初めて、良い人間関係を作っていきましょう。

上司に対してできる円満な人間関係を作る方法

上司や周りの人に対してできる円満な人間関係を作る方法は次の5つあります。

  • 上司を褒めて自尊心を高める
  • 一緒に居て楽しいと思ってもらうように笑顔で過ごす
  • 上司が今なにを求めているか見極めて行動する
  • 親しくても適度な距離感を確保する
  • 上司とは別に相談できる相手を見つけておく

人間関係は当然、あなた以外の人との関わりなので円満な人間関係を作るのにも、相手が必要です。

相手がいるということは、自己中心的な考えをしてはいけません。

相手の気持ちやメリットを考慮したうえで、行動・言動を行う必要があります。

自分の利益より先に、上司や周りの人を意識してみましょう。

人間関係が「うまくいかないなあ」と感じた瞬間

人間関係が完全に失敗となる前に、「うまくいかないなあ」と感じる瞬間があります。

人間関係は、ある時に急に悪くなるわけではなく除々に悪い方向へ進んでいって最終的に失敗となってしまうことがほとんどです。

例えば次のような時に、あなたも人間関係に違和感を感じたことがあるのではないでしょうか。

  • 意見が合わない時
  • 露骨に無視された時
  • 仕事を任せてもらえない時
  • 人間関係のトラブルがあった時
  • 自分以外のメンバーで飲み会をしていた時

仕事に直接影響があるわけではないですが、人間関係がうまくいかないと感じた瞬間にその違和感を見逃さないで、円満な人間関係を作る方法を試してみてください。

職場にいる上司と人間関係がうまくいかない残念な人の特徴

職場の上司と人間関係がうまくいかない理由は、当然、上司に原因があります。

ただし、自分自身が原因で人間関係を悪くしてしまっていることも多いです。

たとえば、次のような特徴を持つ人は、職場での人間関係うまくいきません。

  • ネガティブ思考でいる
  • 自己中心的な考えをしている
  • 愚痴や文句ばかり言う
  • 態度が悪い
  • プライベートに問題を抱えている

人間関係がうまくいかない特徴を持っているなら、できる限り解消するようにしましょう。

ネガティブ思考でいる

ネガティブ思考な人は、人間関係がうまくいきません

良い人間関係を構築するにはコミュニケーションが必須です。しかし、誰でもネガティブ思考な人と頻繁にコミュニケーションを取ろうとは思いません。

マイナスなことばかり言う人と一緒にいると、自分もマイナスな気持ちになってしまいますからね。

周りに悪影響を及ぼすネガティブ思考は、人間関係をうまくすることも難しいです。

自己中心的な考えをしている

自己中心的な考えをしている人も、良い人間関係を作ることはできません。

良い人間関係を作るには、まずは人に与えることが必要です。

自己中心的な考えをしている人は、自分の利益ばかり追い求めることが多いので、良い人間関係は作れません。

愚痴や文句ばかり言う

愚痴や文句ばかり言う人も、人間関係がうまくいっていないケースが多いです。

周りの人の共感を得られると思って愚痴や文句を言う人がいますが、実は全く共感が得られていないことがほとんどです。

例えば、同じ上司に不満があったとしても、会うたびに上司の文句ばかり言う人とは距離を取りたくなりますよね。

距離を取られる人が良い人間関係を作れるわけがないので、愚痴や文句ばかり言う人は注意しましょう

態度が悪い

態度が悪い人は、絶対に人間関係はうまくいきません。

とても大きいメリットでもない限り、態度が悪い人と良い人間関係を築こうと思う人はいませんよね。

話しかけたり、一緒に行動をしていても、態度が悪い人とでは気分良くなりません。

他人の気分を害する人は良い人間関係を作ることはできないので、態度が悪い人は人間関係をうまくすることができないです。

プライベードに問題を抱えている

プライベードに問題を抱えている人も、良い人間関係を作るのが難しいです。

プライベートなことを理由に、周りに迷惑をかけてしまうことがあるからです。

例えば、家庭問題が原因で体調を崩しがちだったり、異常なほど休みを取ることが多かったり。

同情されることはありますが、結果的に迷惑をかけてしまっているので良い人間関係を築くのは難しいです。

人間関係がうまくいかない人の特徴については、次の記事もおすすめです。

人間関係がうまくいかない人の7つの特徴とは?原因と対処法を解説

人間関係を悪化させる理由になる絶対禁止な職場での行動

職場では絶対にやってはいけない人間関係を悪化させる行動があります。

次のことをしてしまうと、上司と良い人間関係を作ることは絶対不可能なので注意してください。

  • 職場の悪口を言う
  • 後先のことを考えずに仕事を辞める
  • 無理をして大丈夫な自分を演じすぎる
  • 人との関わりを演じ過ぎる
  • ずっとダラダラと過ごす
  • 他人と比較して落ち込む
  • 後先を考えずに行動してしまう

1つでもしてしまうと、上司に限らず人間関係に支障をきたします。

人間関係に悩みたくないならもう一度自分の行動も見つめ直してみましょう。

職場の人の悪口を言う

職場の人の悪口を言うことは絶対やめましょう。

悪口は必ず伝わりますし、悪口を聞いている人はあなたのことを「悪口を言う人」と認識します。

悪口を言う人って、基本的には避けられますし、仲良くなろうとは思われません。

なので悪口を言う人は、職場で良い人間関係を作ることはできないので心当たりがある人は改善してください。

一時的な感情に身を任せて仕事をやめる

後先のことを考えずに仕事をやめてしまう人も、人間関係を良くすることは難しいです。

考えた上で転職することは良いですが、一時の感情に身を任せて行動すると、周りからの見られ方も「後先考えない人」となってしまいます。

特に短期間で繰り返し転職をしてしまう人は、またすぐ辞めるだろうと思われて、深い人間関係まで至りません。

深く良い人間関係を作りたい人は、後先考えずに仕事を辞めることは控えましょう。

無理をして大丈夫な自分を演じ過ぎる

無理をし過ぎることは絶対に辞めましょう。

無理をするのは自分では頑張っているつもりでも、周りには伝わらないことが多いです。

周りの人は無理をされるより、周りを頼ったり、仕事全体が円滑に進むことを求めています

無理をして大丈夫な自分を演じても、周りは無理をしていることがわかるので、無理しすぎないことも円滑な人間関係に必要な要素です。

人との関わりを完全に断ってしてしまう

人との関わりを完全に断ってしまうのは辞めましょう。

仕事を頑張ろうとするあまり、周りの人と必要以上のコミュニケーションを取らない人もいます。

しかし、仕事は協力が絶対に必要なので、コミュニケーションを取らないと結果として仕事もうまくいきません。

仕事をきちんと進めるためにも、周り人との関係もしっかり作って関わることが大切です。

ずっとダラダラと過ごす

ずっとダラダラと過ごすことは辞めましょう。

時には休憩も必要ですが、ダラダラ仕事ををする人は信頼されません。

周りが一生懸命に仕事をしている中で、1人だけダラダラ仕事をしていたら白い目で見られますよね。

信頼を得るためにも、仕事はダラダラせずにテキパキやりましょう。

他人と比較して落ち込む

他人と比較して落ち込むのは避けましょう。

他人と比較すると周りの人ばかりが良く見えてしまうものです。

他の人の性格や仕事力、成績などを見て落ち込んでいると、周りの人が近寄りがたくなります。

良い人間関係を作りたいなら、他人と比べて落ち込むことはやめましょう。

後先を考えずに行動してしまう

後先を考えずに行動するのは絶対に辞めましょう。

考えが伴い行動は、人間関係に悪影響を及ぼします。

例えば、感情に身を任せて浮気や不倫をしてしまったらいつかはバレます。

浮気や不倫が職場にバレたら会社にも居づらいですし、これまで積み重ねてきた信頼も一気に崩れ落ちますよね。

信頼を崩さないためにも、行動する際にはじっくり考えましょう。

職場の上司との人間関係が失敗する主な原因

人間関係では、どんなに頑張っても職場の上司とうまくいかず失敗することはあります。

良くある失敗する原因は、次のように挙げられます。

  • 職場の特定の人と相性が悪い
  • 上司とのコミュニケーション不足
  • 仕事上のトラブルを発端に人間関係が失敗
  • 生活習慣が乱れて仕事に影響が出ている
  • 上司とは「仲良くしなくてはいけない」という思い込み

解決できるものもありますが、どうしても解決できない場合もあります。

あなたが上司との人間関係に苦労しているなら、どんな原因なのか知っておくことで解決策が見つかるかもしれませんね。

職場の特定の人と相性が悪い

特に上司と相性が悪い場合は良い人間関係を作ることは難しいです。

上司と部下は関わらないことが不可能なので、相性が悪いと人間関係において失敗します。

例えば、上司の仕事の仕方が合わなかったり、上司の性格に難がある場合など。

上司との相性は簡単に変えられないので、うまく人間関係を作ることができずに時間が過ぎ去ってしまうことが多いです。

上司とのコミュニケーション不足

上司や同僚とコミュニケーションが不足している場合、人間関係に失敗することが多いです。

人間関係の基本はコミュニケーションですからね。

お互いに信頼できなかったり、考えや思いを共感できなければ良い人間関係が作れるはずがありません。

失敗しない人間関係をつくるためには、コミュニケーションは欠かせません。

仕事上のトラブルを発端に人間関係が失敗

仕事上のトラブルを理由に、人間関係が悪くなってしまうこともあります。

仕事も人との関わりでできているので、トラブルが人間関係に悪影響を及ぼすことも避けられません。

例えば、依頼していた仕事を忘れられてしまった場合、忘れられた人は2度と同じ人に仕事を依頼しようと思いませんよね。

ちょっとした仕事上のトラブルを理由に、人間関係が失敗してしまうこともあることを覚えておきましょう。

生活習慣が乱れて仕事に影響が出ている

生活習慣が乱れていることを理由に、人間関係に失敗することがあります。

生活習慣が乱れることで、仕事へのモチベーションやパフォーマンスが下がることがあるからです。

例えば、深夜までゲームをしていて寝不足になって、仕事がうまくいかなければ周りの人との人間関係に悪影響がありますよね。

人間関係に失敗したくなければ、生活習慣を正すことが必要です。

上司とは「仲良くしなくてはいけない」という思い込み

職場の人とは「仲良くしなくてはいけない」という思い込みから、人間関係に失敗につながることがあります。

色んな人がいる職場では、どうしても合わない人もいますよね。その中で「仲良くしなくてはいけない」という考えがあると、無理をすることにつながってしまいます。

無理をしてコミュニケーションを取ろうとしても、ぎこちなくなりますし、良いコミュニケーションを取るのは難しいですよね。

自然にコミュニケーションを取って、人間関係に失敗しないためには無理して仲良くなろうと思う必要はありません

職場の嫌な人間関係をプラスに変えるとっておきの方法

職場の嫌な人間関係をプラスに変えるには、次のような方法があります。

自分の気持ち次第な方法から、実践的な行動指針があります。

  • 人間関係のストレスは前向きに変換する
  • 最悪な状況を想定して備える
  • ゴールやスタンス、アクションを決める
  • 問題への向き合い方を決める
  • 精神的に追い込まれてしまう前に行動に移す


今の嫌な人間関係をプラスに変えるには、できることから初めてみましょう。

人間関係のストレスは前向きに変換する

まずは気持ちの問題、人間関係のストレスを前向きに捉えるようにしましょう。

ストレスも捉え方によっては、1つの経験になります。

経験したことを自分の糧にして、成長につなげることで今抱えるストレスも無駄にせずにすみます。

ストレスを感じたら、自分が成長している証だと前向きに変換しましょう。

最悪な状況を想定して備える

最悪な状況を想定して備えることで、嫌な人間関係がまだマシに思えます。

もし、今が最悪な状況ならいますぐ離れるしかありません。

最悪な状況よりまだマシであれば、できることから改善していきましょう。

また備えておけば、いざという時にすぐに行動に移すことができますよ。

ゴールやスタンスを決める

仕事に対するゴールやスタンスを決めておきましょう。

ゴールやスタンスを決めておくことで、判断基準ができます

例えば、お金よりストレスを避けることを第一目的としているのに、人間関係でストレスを感じているなら職場環境を変えるという選択ができますよね。

判断基準がないといつまでも迷って行動できないので、ゴールやスタンスは決めてください。

問題への向き合い方を決める

今抱えている問題への向き合い方を決めてください。

向き合い方を決めることで、これからの行動の道筋を作ることができます。

人間関係にストレスを感じるなら、人間関係を改善する方向にするのか、人間関係をリセットする方向にするのかなど検討しましょう。

問題への向き合い方を決めれば、次にどんな行動をするのか自然と見ることができますよね。

精神的に追い込まれてしまう前に行動に移す

人間関係の問題から、精神的に追い込まれる前に行動に移しましょう

追い込まれたあとでは、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

例えば、我慢し続けてうつ病などになってしまうと、一生病気と付き合う可能性もでてきますよね。

仕事のために人生を台無しにしてしまうのは悲しすぎるので、追い込まれる前に必ず行動を始めてください。

上司との人間関係を相談するなら家族や友人ではなくプロ

人間関係の問題は、1人で抱え込まないで相談する相手を用意しておきましょう。

ただし、相談する相手は家族や友人ではありません。

転職のプロに相談をおすすめするべき理由についてご紹介いたします。

職場の人間関係を家族や友人に相談しても無意味な理由

職場の人間関係を家族や友人に相談しても、あなたの抱える問題は解決できません

家族や友人は、あなたと同じ問題に直面していないし、経験もしていないので正しいアドバイスをすることはできないからです。

同じ会社・同じ上司・同じ仕事、すべて同じ条件を経験している人なんていませんからね。みんな、自分が経験したことをベースにアドバイス・意見するしかないので、参考にはなっても解決には至りません。

職場の人間関係に悩んだら、家族や友人に相談しても正しい回答は得られないことを念頭に入れておきましょう。

職場の人間関係の相談は転職のプロである「転職エージェント」にするべき理由

職場の人間関係の悩みを相談するのは、転職のプロである「転職エージェント」おすすめします。

転職エージェントは、転職のプロであるのと同時に、多くの職場を知るプロフェッショナルでもあります。たくさんの転職者の悩みを聞いているので、あなたの抱える悩みがどこに原因があるかも分かります。

原因があなたにあるなら、転職しても失敗する可能性が高いので無理に勧めません。反対に、職場や上司に原因があるなら、解決するには職場環境を変えることが良いということも知っているので、転職を勧めてくれます。

まずはプロに相談して、それから次の行動を決めるのも慎重に進めたい人にはおすすめです。

まとめ:職場の上司との人間関係のストレスから開放されるには環境を変えるのが1番

職場では上司との人間関係を原因に、ストレスが溜まりがちです。

ストレスによって、うつ病などになってしまう可能性もあるので、ストレスへの対処法はしっかり理解しましょう。

人間関係にストレスを感じないためには、普段から円満な人間関係を構築する必要があります。

すでに失敗している人間関係への対処法は大きく3つあります。

  • 自分を変える
  • 相手を変える
  • 職場環境を変える

職場の人間関係から開放されるためには、職場環境を変えることが最適です。

職場環境の変え方については、こちらの記事も御覧ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる