【つらい】職場の人間関係ストレスは解決できる?具体的な対処方法まとめ

コジロー

この記事のまとめ
職場の人間関係でストレスを溜めてしまう人は大勢います。
ストレスの解消方法はたくさんありますが、特に人間関係のストレスへの対処法についてご紹介しています。
もしストレスが限界なら逃げ出すべき理由についてもご紹介しています。

次のような人におすすめの記事です。

こんな人におすすめ
  • 上司に毎日怒られている
  • 上司が自己中で話を聞いてくれない
  • 上司の考えに同意できない
  • 同僚とコミュニケーションが取れない
  • 特定の人と会うだけでもストレスを感じる

人間関係のストレスへの対処方法を知らないと溜め続けるばかりでつらいですよね。

佐藤くん

上司から毎日怒られてばかりでストレスで体調が悪くなることもあるよ…

コジロー

僕も同じような状況で、毎日帰りたいと思っていたよ。
でも今は楽しみながら働くことができているよ。

ブラック上司の元で働いていた時から実践している、人間関係のストレスへの対処法をお伝えします。

人間関係の問題を解決する方法はたくさんありますが、1番確実に効果があるのは「環境を変える」ことです。

目次

ストレスへの3つの考え方

ストレスへの対処法

人間関係のストレスに対しては、ストレスを真正面から受け止めるだけでなく正しい考え方も身に付けましょう

特に身につけるべきストレスへの考え方を3つご紹介します。

  • 自分原因論を身につける
  • 相手を反面教師とする
  • 仕事として割り切る

自分原因論を身につける

ストレスの原因が相手にあったとしても、原因は自分にあると捉えることも必要です。

例えば、上司の機嫌が悪くて理不尽なことを言われた場合。

相手に問題がありますが、ここで自分にも原因があるのでは?と疑ってみます。

すると「上司の機嫌が悪いことを見抜けなかった」と自分にも原因があると考えられます。

どんなことでも、自分にも原因があると考えることで感じるストレスを減少することができます。

相手を反面教師とする

ストレスを与える人は、気が付いていない人も多いです。

自分のストレスを解消するだけではなく、相手を反面教師としましょう

今ストレスを感じているということは、どんな言葉や行動が人にストレスを与えられるか知るチャンスです。

人の痛みを知って、自分は他の人に痛みを与えない人間になりましょう。

仕事として割り切る

仕事をしていると、少なからずストレスを受けるものです。

どうすればストレスを無くせるか考えることも大切ですが、「仕事はストレスを受けるもの」と割り切りましょう。

多少のストレスであれば、ストレスを前提として考えて仕事に向き合うことも必要です。

効果は薄いけどすぐにできる人間関係ストレス対処法

上司を気分良くさせる方法

解消できる人間関係のストレスは、上手に解消することが大切です。

今すぐ実践できる方法をご紹介しするので、明日からぜひお試しください。

自分でできる7つの方法

自分だけで完結できる方法7つをお伝えします。

1つずつでも良いので、実践してみてください。

  1. 感情を表現する
  2. 自己肯定感を上げる
  3. セルフイメージをつける
  4. 時間を置く
  5. しっかり休む
  6. 好きなことに打ち込む
  7. 体を鍛える

感情を表現する

自分の感情は、押し込めずにはっきりと表現しましょう。

人間関係の悪化の要因として、相手からみてあなたの気持ちが理解できないことがあります。

嬉しいのか悲しいのか、楽しいのか、つまらないのか。

あなたがどう思っているか分からないので、相手もあなたとの接し方に迷っている可能性があります。

自分が感情を出せていないなら、少しずつ表現をしてみましょう。

自己肯定感を上げる

自分を卑下しないで、自己肯定感を上げるようにしましょう。

自己肯定感が低い人を見ると、イライラする人もいます。

過剰な自信も問題はありますが、あまりにも自己肯定感が低い人と話すとコミュニケーションが上手くいかず不快に思われます。

自己肯定感が低すぎる人は、できるだけ自己肯定感を上げましょう。

セルフイメージをつける

常に受け身でいる人は、セルフイメージをつけましょう。

セルフイメージとは、「自分に対する印象(イメージ)」です。

自分で「自分はどういう人でどうなりたいか」をイメージすることで、能動的に行動できるようになります。

社会人でいつまでも受け身の人は、周りからよく思われません。

能動的に行動できるようになって、人間関係の改善を目指しましょう。

時間を置く

上司から叱られたり、同僚とケンカしてしまったときには、時間を置きましょう。

上司もたまたま機嫌が悪いのかもしれません、同僚も言い過ぎたと思っているかもしれません。

時間を置くことで、冷静に考えることができます。

時間を置いて自然と問題が解消している場合もありますが、できれば自分からお礼や謝罪をしましょう。

しっかり休む

人間関係の問題の原因が自分にあるときは、まずはしっかり休みましょう。

起こしてしまったミスや失態は、疲れや寝不足からきていることもあります。

しっかり休んで、体調を整えてから次の機会に活かしましょう。

焦って自分を追い詰めてはいけませんよ。

好きなことに打ち込む

慢性的な人間関係の悩みを抱えているのであれば、好きなことに打ち込んでストレス発散しましょう。

どうしても解決できない人間関係もあります。

元々の性格や立場、環境、時代、風習など様々な要因があります。

すべての問題をすぐに解決できないこともあるので、好きなことに打ち込んで上手にストレスを発散しましょう。

体を鍛える

精神の問題は、肉体からアプローチすると良いとされています。

人間関係のストレスに悩んで精神的なダメージがあるなら、体を鍛えましょう。

体を動かすとストレスが減ることも分かっていますし、筋肉をつけると脅威を感じていた人に対して余裕を持てるようになります。

運動不足を感じているなら、体を動かして鍛えましょう。

相手に対してできる3つのこと

人間関係の問題には、必ず相手が存在します。

問題を解決したり、ストレスを減少するためには相手に対して行なえることもあります。

  • コミュニケーションを取る
  • 信頼関係を構築する
  • 聞き役に徹する

コミュニケーションを取る

人間関係の問題は、コミュニケーション不足が原因のこともあります。

誰でもコニュニケーションが取れない人と友好な関係を築こうとは思えませんよね。

コミュニケーション不足を感じているのであれば、まずは相手とコミュニケーションを取るように務めてみましょう。

コミュニケーションが取れれば、意外と簡単に解決できることもあります。

信頼関係を構築する

コミュニケーション同様、信頼関係がないと友好な人間関係も構築できません。

信頼関係を構築して、人間関係をしっかり作ってストレスの原因を解消しましょう。

信頼関係を構築するには、次のようなことを心がけましょう。

  • 挨拶する
  • 感謝の言葉を伝える
  • 相手に興味を持って質問する
  • 自分を開示する
  • 嘘をつかない

人として当たり前のことばかりですが、当たり前のことを続けることで信頼関係を構築できます。

聞き役に徹する

上司などはアドバイスをしたがる人が多いです。

どんなに面倒くさかったり、何度も同じ話をされても聞き役に徹することで相手を気分良くさせましょう。

聞き役にいるだけで、相手が勝手に味方だと判断して人間関係を改善することができます。

効果が高くて具体的な3つの人間関係対処方法

職場の人間関係を変える3つの方法

多少の人間関係であれば、上に書いたような方法で改善することもできます。

それでも解決が難しい場合は、もっと具体的に対処する必要があります。

  • 自分が変わる
  • 相手を変える
  • 環境を変える

原因が自分なら自分が変わる

人間関係の問題の原因が自分にあれば、自分が変わることで解決することができます。

上に書いたようなことを確実に実践して、自分の悪いところを直していくことで人間関係を解消して、ストレスを元から断つこともできようになります。

自分の性格や考え方を変えるのは、相当の努力と時間も必要です。

長期的に対処することができるのであれば、自分を少しずつ変えていきましょう。

原因が相手なら相手を変える

人間関係の原因が相手にあるなら、相手を変えることで解決できます。

例えば相手が短気なため常にイライラしている場合。

相手が、気が長い人に変われば問題は解決できます。

しかし残念ながら、人を変えることは基本的にはできません。

特に自分より立場が上の人を変えるなんて、まず無理ですよね。

根本から解決したいなら環境を変える

人間関係の問題を根本から解決するためには、環境を変えるしかありません。

人間関係は、職場や学校などコミュニティーの中で作られるものです。

なので、環境を変えることで人間関係をリセットすることができます。

職場で環境を変えるには、次の2つの方法があります。

  • 部署異動をして今の部署の人間関係をリセットする
  • 転職して職場ごと人間関係をリセットする

僕も実際にブラック上司との人間関係に疲弊していましたが、転職することで人間関係をリセットすることができました。

そのおかげで今は、ホワイト上司の元で気の合う同僚と一緒にストレスなく働くことができています。

ストレスが限界なら逃げて良い

ストレスが高いなら逃げ出して良い

「まだ若いんだから転職したら?」この言葉に僕は救われました。

ブラック上司との人間関係のストレスで限界を感じていた時、同じ職場の年上の同僚に言われた言葉です。

この言葉をきっかけに転職し、今ではストレスのない生活を送っています。

過去の僕と同じようにストレスで限界を感じている人は、迷わず逃げましょう。

でないと、次のようなことを身に受けてしまう恐れがあります。

  • 体を壊す
  • 精神を壊す
  • 人生のチャンスを失う

体を壊す前にストレスから開放されるべき

ストレスを受け続けると、体を壊してしまう可能性があります。

寝不足や頭痛、腹痛、ひどいと円形脱毛症になるケースも多くあります。

私の友人もストレスから、拳(こぶし)ほどの大きさの円形脱毛症が3つほどできた人がいます。

最悪の場合、一生の傷を負うこともあります。

精神への支障は一生付き合う必要がある

肉体の問題だけでなく、精神に支障を起こすことあります。

有名な病気だと、うつ病がありますよね。

一度うつ病になると、簡単に治すことはできません。

なので精神に支障をきたす前に、予防する必要があります。

人生における機会損失につながる

いつまでもストレスを感じる環境にいるだけで、人生において機会損失となります。

もし今すぐ転職してストレスを解決できれば、残りの人生をストレスなく過ごすことができます。

仮に10年間我慢し続けたら、人生のうちの10年もの間をストレスとともに過ごさなければいけません。

あなたはどちらを選ぶでしょうか。

まとめ

職場で働いていると人間関係でストレスを感じることも多くあります。

ストレスに対しては正しい考え方を身につけることも必要です。

  • 自分原因論を身につける
  • 相手を反面教師とする
  • 仕事として割り切る

正しい考えを元に、多少のストレスであれば次のことを実践することで人間関係を改善することもできます。

  1. 感情を表現する
  2. 自己肯定感を上げる
  3. セルフイメージをつける
  4. 時間を置く
  5. しっかり休む
  6. 好きなことに打ち込む
  7. 体を鍛える

自分だけで実践できることのほか、相手に対してできることもあります。

  • コミュニケーションを取る
  • 信頼関係を構築する
  • 聞き役に徹する

それでも解決できず、人間関係のストレスに限界を感じるひとは、もっと具体的な解決策を実践する必要があります。

それは、次の3つです。

  • 自分が変わる
  • 相手を変える
  • 環境を変える

しかし、自分を変えることも難しいですが、相手を変えることは基本的に不可能です。

そうであれば、環境を変えるしかありません。

環境を変える方法は、次の2つです。

  • 部署異動をして今の部署の人間関係をリセットする
  • 転職して職場ごと人間関係をリセットする

実際に僕もブラック上司との人間関係で疲弊している中、転職をしたことですべてのストレスを解決することができました。

もし転職をしていなければ、次のようなことが起きていた可能性があります。

  • 体を壊す
  • 精神を壊す
  • 人生のチャンスを失う

取り返しがつかなくなる前に環境を変えて、自分の体と心を守って、人生のチャンスを失わないようにしてください。

職場での人間関係についてはこちらの記事もおすすめです。

【上司と合わない】職場の人間関係が限界なら今すぐ転職するべき理由

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる